STREAMER 探検隊:知っているようで知らない、エンタテイメントシティSHIBUYAの魅力をPICK UP

SHIBUYA CITY SNAP

SHIBUYA CITY SNAP #01

「ストリーム・ライン」@渋谷ストリーム

旧東横線渋谷駅のホームおよび線路跡地とその周辺敷地に誕生した「渋谷ストリーム」。
渋谷方面から代官山方面へ抜ける館内2階の貫通道路に、その記憶が残っていることを知ってますか?実はその足元に、東急線沿線で使用していたレールが埋め込まれているんです。
昔、ここには鉄道が走っていたんだなぁと思って歩くと、なんだかノスタルジックな気分に。
ぜひ、皆さんもその線路跡“ストリーム・ライン”を辿ってみませんか?

床面には鉄道の記憶が埋め込まれている

SHIBUYA CITY SNAP #02

渋谷ストリームから見える「渋谷川」

渋谷にその名がついた川が流れていることを知っていますか?渋谷は谷地形であり、谷底にあたる部分に流れているのが「渋谷川」です。
渋谷ストリームの正面に顔を出すその「渋谷川」を、官民連携のもと清流復活水を活用した「壁泉」によって水が流れていなかったエリアの水流を復活させ、再生しました。春には、再生した渋谷川に野生の鴨が飛来することも。渋谷のオアシス 「渋谷川」でこの夏、涼を取りませんか?

再生した「渋谷川」は癒しスポットに。

SHIBUYA CITY SNAP #03

東急東横線を支えた高架柱@渋南エリア

渋谷リバーストリートを歩いていると、コンクリートの柱にナンバリングが。見覚えのある柱に、謎の番号。気になっていた方も多いはず。
実は、この柱は東急東横線が地下化されるまで、85年に渡り、高架を支えていたもの。高架はまさにこの場所に設置されていました。自分たちが歩いているこの道に鉄道が走っていたと思うと、「渋谷」という街の移り変わりも感じられます。皆さんもぜひ、柱の番号を辿って渋南エリアを散策してみては?

「32」という数字は柱番号を意味しています。